PAS-POL -旅のモノづくりブランド-|TABIPPO

TABIPPOで新しく旅のモノづくりブランド「PAS-POL」を立ち上げました

Category: お知らせ

PASPOL_ロゴ_560×292

こんにちは、世界一周団体TABIPPO代表の清水直哉です。

本日、TABIPPOから新しく旅のモノづくりブランド「PAS-POL」を立ち上げました。

PAS-POLは世界一周団体TABIPPOのモノづくりブランドです。「もっとたくさんの若者に旅をしてほしい」という想いで、本や雑貨などのモノづくりに力を入れていきます。

2013年12月末に初めて作った2冊の本「僕らの人生を変えた世界一周」と「ウユニ塩湖 -世界一の奇跡と呼ばれた絶景」、そして2014年11月に発売を開始した「絶景手帳2015」など、TABIPPOのモノづくりを全てこのブランドに集約させていこうと思っています。

PAS-POL(パスポル)という名前は「パスポート」を由来にしています。読み方を欧州の言葉などを参考に、パスポートから読み方を崩して「パスポル」としました。

僕たちが作りたいのは、持っているだけで旅に出たくなるモノ。持っているだけでわくわくするモノ。言うならば、新しい時代の”パスポート”のようなものを作りたいと想い「PAS-POL(パスポル)」という名前をつけました。

ロゴにもたくさんの想いを込めています。「パスポートを開いて旅に出よう!」ということで、パスポートを開いた形から着想を得て、それを「世界中を旅する鳥」の形にしました。世界を旅するということで、メインロゴの下部は「海の波」となっていますが、実はこの「海の波」が「空」になったり「山」になったり「ピラミッド」などの世界遺産になったりします。こういった変化も楽しめるロゴにしてみました。

PASPOL_ロゴ_4パターン_560×292

そして「PAS-POL」というブランドは《旅人みんなで作っていくモノづくり》という考え方を大切にしていきたいと思っています。なので、誰でも自分でPAS-POLのロゴを書けるように、手書き感が出るようなロゴに仕上げました。

まさか、TABIPPOが旅のものづくりブランドを立ち上げるとは団体を立ち上げた4年半前には思ってもいませんでしたが、こういった素敵な機会を作ってくれたいろは出版のみなさまには本当に感謝しています。

11月8日には初めての雑貨である「絶景手帳」を発売開始しましたし、新しい本や雑貨なども次々に企画をして世の中にリリースしていきたいと思っています。

PAS-POLのモノづくりがきっかけで、たくさんの若者が旅に出るきっかけを創りだしていきたいと思いますので、今後ともTABIPPOが仕掛ける旅のモノづくりブランド「PAS-POL」を宜しくお願い致します。

▶︎PAS-POL公式サイト [TOPページ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

LATEST NEWS

書籍応募の「#旅とわたし」エッセイ、素敵な文章をピックアップ!

TABIPPOで新たにつくる、旅のエッセイを集めた本。noteとコラボして、「#旅とわたし」のハッシュタグですでにたくさんの応募をいただいてます。 もうすぐ1000件を迎えるエッセイたち。全て読ませてもらっているんですが、旅は人それぞれだし、色んな解釈があって面白いなと楽しませてもらっています! そんなたくさんの旅のお話から、素敵だったエピソードをいくつかピックアップしました。 (書籍掲載とは関係ありません。TABIPPOメンバーがいいなと思ったものをご紹介しています。) ぜひ読んでほしい「#旅 ...

TABIPPOが今回の新書籍にかける想い

先日、新しい書籍の制作がキックオフしました。 これまで10冊以上の旅の本をつくってきたTABIPPOですが、いちばん嬉しい感想は「この本を読んで旅に出ました」という言葉です。 そして、いちばんその声をいただいたのは、初めて僕たちが出版した『僕らの人生を変えた世界一周』という本でした。 世界一周をした50人の旅行記をまとめた一冊は、2万4千部のヒット作となり、そのあと数十万部を超えるTABIPPOの本の原点となりました。     5年前。 まだ、TABIPPOが会社にすらなって ...

海外フェスがこの一冊に!『THE WORLD FESTIVAL GUIDE』が販売スタート

旅の目的は人それぞれ。世界のフェスをこの目で見てみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。でも、海外フェスだけが集まった本って全然ない…どうやってチケット取るの?難しくないの? などなど、そんな疑問をお持ちの人に向けて、120箇所以上の海外フェスを集めた完全ガイドがいろは出版より発売されました。 著者は実際に100箇所以上の海外フェスに訪れたことがある「津田昌太朗」氏。筆者ならではの目線で40カ国、120以上の世界の音楽フェスを紹介しています。 『The World Festival Gu ...

BACK TO TOP
backTop